新着情報

2020/12/12

【糸魚川市】翡翠婚モニターツアー

 結婚記念日には名前がついており、結婚25周年の「銀婚式」や50周年の「金婚式」がよく知られています。

 中でも、結婚35周年は「翡翠婚式」とされており、シニア世代手前の現役時代の結婚記念日としては最後の節目に当たります。

 国石に選定された「翡翠」は糸魚川市固有の資源であり、古事記には出雲大社の主祭神「大国主命」が翡翠を持つ奴奈川姫の霊力や賢く麗しい魅力にひかれ、求愛にきたラブロマンスが残されています。

 翡翠は古くから糸魚川市で加工され、全国に広がっていったとされており、幸福や繁栄の象徴として珍重されてきました。

 結婚35周年の節目に「翡翠婚式」で夫婦の絆を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

令和2年12月10日・11日の2日間、翡翠婚モニターツアーを実施し、
5組のご夫婦が参加しました。
お互いの感謝を伝え合い、これからも変わらぬ愛を誓いました。

2020/04/08

3市を結ぶ神々の切手 販売スタート

3市にまつわる神々を描いたオリジナル切手シートの販売がスタート。

切手のデザインは川崎日香浬さん(日本画家)の作品が使用されています。

令和2年4月8日に糸魚川市役所で日本郵便からの贈呈式が行われました。

完成した3市の交流を記念した切手を手にする川崎日香浬さん(左から2人目)

オリジナルフレーム切手「神話の縁結び」

2020/03/31

ホームページを開設しました

神話にゆかりのある3市が集う「神話の縁結び かみがたりネットワーク」。開催したイベントや新着情報などを発信していきます。